社会福祉士試験のメモ帳

社会福祉士の試験を受けるまで、復習用のミニテストを作り続けるブログ

社会福祉士試験 ミニテスト3

〇次の用語を答えよ。

 

<問題> 

 

  1. 1948年に効力が発生した〇〇では、健康について「完全な肉体的、精神的及び社会的福祉の状態」と定義している。〇〇とは何か。
  2. 1986年に開かれた第1回ヘルスプロモーション国際会議において、2000年までに「すべての人に健康を」達成するための行動指針である〇〇が採択された。〇〇とは何か。
  3. それまでの国際障害分類(ICIDH)の改訂版として、2001年、WHOは〇〇(△△)を作成した。〇〇(△△)とは何か。
  4. 1978年、第1回プライマリ・ヘルス・ケア会議で採択された〇〇で、プライマリ・ヘルス・ケアの理念が明示された。〇〇とは何か。

 

 

<解答>

 

  1. WHO憲章
  2. オタワ憲章
  3. 国際生活機能分類(ICF)
  4. アルマ・アタ宣言

 

 

 

<メモ>

 

WHO憲章の「肉体的、精神的及び社会的」という文言に、スピリチュアルが含まれるかのようなひっかけ問題が出題されたのは、アラブ諸国が“physical, mental and social”に“spiritual”も加える改正案を推していたけど、改正に至らなかった経緯を受けてのこと。

 

オタワ憲章の中で、ヘルスプロモーションとは「人々が自らの健康をコントロールし、改善することができるようにするプロセスである」と定義された。

 

プライマリ・ヘルス・ケアは、本やサイトによって、「・」で区切られる位置が違うけど、Primary Health Care(PCH)という単語ごとの分け方が最も多い。

 

ICFは、International Classification of Functioning, Disability and Healthの略。

 

「アルマ・アタ」は、「あらまぁ、あんた。」で覚える。