社会福祉士試験のメモ帳

社会福祉士の試験を受けるまで、復習用のミニテストを作り続けるブログ

社会福祉士試験 ミニテスト14

〇社会調査に関する次の問いに答えよ。

 

 

<問題>

 

  1. 先にあった質問への回答が、その後の別の質問の回答に影響することを、(ハロー効果 / キャリーオーバー効果)という。
  2. 低コストで広範囲・多数を調査対象に行える(電話調査 / 郵送調査)は、世論調査等に多く活用されている。
  3. 回答者が自らの言葉で回答できる質問を、(オープン・エンド / クローズド・エンド)クエスチョンという。
  4. 会場等に調査対象者を集めて着席してもらい、調査票を配布して回答してもらう形式の調査を、(グループインタビュー / 集合調査)という。

 

 

 

<解答>

 

  1. キャリーオーバー効果
  2. 郵送調査
  3. オープン・エンド
  4. 集合調査

 

 

 

<メモ>

 

クローズド・エンド・クエスチョンは、はい・いいえで答えられるか、選択肢から選んでもらうような質問。

 

集合調査は自計式調査、グループインタビューは他計式調査。

 

グループインタビューは、進行役が5~8人ほどの対象者(優位標本抽出による選出が多いとされる)に質問し、回答を得る。

 

グループインタビューでは、オープン・エンドの質問が良いとされるが、時間内に全員の回答を得るための質問数や時間調整、対象者ごとの発言数など、調整が必要。