社会福祉士試験のメモ帳

社会福祉士の試験を受けるまで、復習用のミニテストを作り続けるブログ

社会福祉士試験 ミニテスト24

〇社会政策の論点について、次の問いに答えよ。

 

 

<問題>

 

  1. 社会福祉や社会保障の対象となる人・ならない人を、資力によって区別しない考えを、何主義というか。
  2. 所得の低さの程度により福祉の対象となる人を限定する考えを、何主義というか。
  3. 対象者を限定する方法として行われる、資産や所得を確認する資力調査を何テストというか。
  4. スティグマにより福祉による給付をためらうなど、捕捉率の低減につながりやすいとされるのは、1と2どちらの主義か。
  5. ベーシック・インカムとは、すべての人に最低限度の生活を保障するだけの給付を行おうというものであるが、1と2どちらの主義の考えといえるか。
  6. 選別的サービスが社会権として与えられるためには、普遍的サービスの土台が必要である、と主張したのは誰か。

 

 

 

<解答>

 

  1. 普遍主義
  2. 選別主義
  3. ミーンズテスト
  4. 2の選別主義
  5. 1の普遍主義
  6. ティトマス

 

 

 

<メモ>

 

スティグマは、負の烙印、ネガティブなレッテル、それにより屈辱感、劣等感を引き起こされるもの、といった感じで使われる言葉。

 

ミーンズテストは、日本でいえば生活保護を申請したときに行われる調査。

 

捕捉率は、福祉の領域でいえば、生活保護の受給資格がある人のうち、実際に保護を受けている人の率。逆に、受給資格があるのに受給できていないことを漏給という。