社会福祉士試験のメモ帳

社会福祉士試験の勉強のメモ書き

社会福祉士試験 ミニテスト36

〇身体障害者福祉法について、次の〇〇には何が当てはまるか答えよ。

 

<問題>

 問題①

同法で、身体障害者は「別表に掲げる身体上の障害がある〇〇歳以上の者であつて、都道府県知事から身体障害者手帳の交付をうけたものをいう」と定義されている。

 

 

問題②

同法では、身体障害者又はその介護を行う者に対する援護の実施者は、〇〇であると定めている。

 

 

問題③

〇〇は、次の①~③の業務を行わなければならないと規定されている。

①身体に障害のある人を発見したり相談に応じたりして、必要な指導を行う 

②福祉に関して必要な情報を提供する 

③更生援護の必要性を判断して、社会的更生の方途を指導する など

 

 

問題④

同法では、市町村相互間の連絡調整や情報提供等の実施者は、〇〇であると規定している。

 

 

問題⑤

〇〇は、必要の地に身体障害者更生相談所を設けなければならず、また、設置する身体障害者更生相談所には、身体障害者福祉司を置かなければならないと規定されている。

 

 

問題⑥

身体障害者手帳が必要でなくなったときは、すみやかに〇〇に返還しなければならない。

 

 

 

<解答>

 解答①

十八

 

 

解答②

市町村

 

 

解答③

市町村

 

解答④

都道府県

 

 

解答⑤

都道府県

 

 

解答⑥

都道府県知事

 

 

 

<メモ>

 市町村は、設置する身体障害者更生相談所に身体障害者福祉司を「置くことができる」と規定されている。

 

身体障害者手帳の申請先・返還先は、いずれも都道府県知事。

 

都道府県知事は、返還を命ずることもできる。その際には、文書で理由を示さなければならない。

 

市町村長は、手帳所持者に正当な理由がないなどの事由があると認めた場合には、都道府県知事に通知しなければならない。