社会福祉士試験のメモ帳

社会福祉士の試験を受けるまで、復習用のミニテストを作り続けるブログ

社会福祉士試験 ミニテスト38

〇平成29年度障害者虐待対応状況調査(厚生労働省)に関して、正しいほうを選択せよ。

 

 

<問題>

 

  1. 養護者からの虐待では、被虐待者である障害者は(男性 / 女性)の割合が多い。
  2. 養護者からの虐待で、虐待行為の種類は(身体的虐待 / 心理的虐待)が最多である(複数回答式)。
  3. 障害者福祉施設従事者等からの虐待では、被虐待者である障害者は(男性 / 女性)の割合が多い。
  4. 障害者福祉施設従事者等からの虐待数は、平成24年度の調査より(増加 / 減少)している。
  5. 虐待者は、養護者、障害者福祉施設従事者等ともに(男性 / 女性)の割合が多い。

 

 

 

<解答>

 

  1. 女性
  2. 身体的虐待
  3. 男性
  4. 増加
  5. 男性

 

 

 

<メモ>

 

養護者からの虐待では、被虐待者は男性35.9%、女性64.1%となっている。

 

養護者から障害者への虐待行為の類型は、最多が身体的虐待61.2%、次いで心理的虐待32.9%となっている。

 

障害者福祉施設従事者等からの虐待では、被虐待者は男性66.1%、女性33.9%と、男性が多くなっている。被虐待者の年齢別では、30~39歳が18.8%、20~29歳が18.5%と、20代・30代でほとんど差はない。

 

平成24年度の障害者福祉施設従事者等による虐待の事実が認められた事例数は80件であったが、平成29年度では464件となっている。

 

虐待者の男性の割合は、養護者で62.4%、障害者福祉施設従事者等で72.6%となっている。