社会福祉士試験のメモ帳

社会福祉士の試験を受けるまで、復習用のミニテストを作り続けるブログ

社会福祉士試験 ミニテスト96

〇「社会福祉士の倫理綱領」倫理基準のうち、Ⅳ.専門職としての倫理責任に関して、次の問いに答えよ。

 

<問題>
  1. (専門職の啓発)では、利用者・他の専門職・市民に専門職としての実践を伝え、何を高めることが求められているか。
  2. (信用失墜行為の禁止)では、社会福祉士は、その〇〇を利用した信用失墜行為を行わないことが求められている。〇〇とは。
  3. (社会的信用の保持)では、誰が専門職業の社会的信用を損なうような場合は、本人にその事実を知らせて必要な対応を促すことが求められているか。
  4. (専門職の擁護)では、何を受けることがあれば、専門職として連帯し、その立場を擁護することが求められているか。
  5. (専門性の向上)では、最良の実践を行うため、スーパービジョン、教育・研修に参加し、何の改善と専門性の向上を図ることが求められているか。
  6. (教育・訓練・管理における責務)では、教育・訓練・管理に携わる場合、何を尊重し、専門職としてのよりよい成長を促すことが求められているか。
  7. (調査・研究)では、すべての調査・研究過程で利用者の人権を尊重し、何を確保することが求められているか。

 

 

 

<解答>
  1. 社会的信用
  2. 立場
  3. 他の社会福祉士
  4. 不当な批判
  5. 援助方法
  6. 相手の人権
  7. 倫理性

 

 

 

<メモ>

スーパービジョン:指導者(スーパーバイザー)が、指導を受ける者(スーパーバイジー)の仕事を確認し、指導や助言を行い成長につなげる

 

 

 

 

訓練・教育方法。