社会福祉士試験のメモ帳

社会福祉士の試験を受けるまで、復習用のミニテストを作り続けるブログ

社会福祉士試験 ミニテスト104

〇「社会福祉士の行動規範」Ⅱ.実践現場における倫理責任のうち、1.最良の実践を行う責務、2.他の専門職等との連携・協働に関して、次の問いに答えよ。

 

 

<問題>
  1. 社会福祉士は、専門職としての使命と職責の重要性を自覚し、常に何を深め、理論と実務に精通するよう努めなければならない、とされているか。
  2. 社会福祉士は、専門職としての自律性と責任性が完遂できるよう、自らの何の向上をはからなければならない、とされているか。
  3. 社会福祉士は、福祉を取り巻く分野の〇〇や〇〇等関連知識の集積に努め、その力量を発揮しなければならない、とされている。〇〇には、それぞれ何が入るか。
  4. 社会福祉士は、所属する機関内部での何が円滑になされるように積極的に働きかけなければならない、とされているか。
  5. 社会福祉士は、他の専門職と連携し、所属する機関の機構やサービス提供の変更や開発について何をしなければならない、とされているか。
  6. 社会福祉士は、他機関の専門職と連携し協働するために、何の役割を果たさなければならない、とされているか。

 

 

 

<解答>
  1. 専門知識
  2. 専門的力量
  3. 法律 制度
  4. 意思疎通
  5. 提案
  6. 連絡・調整

 

 

 

<メモ>

1から3が「1.最良の実践を行う責務」、4から6が「2.他の専門職等との連携・協働」。