社会福祉士試験のメモ帳

社会福祉士の試験を受けるまで、復習用のミニテストを作り続けるブログ

社会福祉士試験 ミニテスト115

〇社会福祉士及び介護福祉士法に関して、次の問いに答えよ。

 

 

<問題>

 

  1. 社会福祉士(又は介護福祉士)は、クライエントが尊厳を保持し、自立生活を営めるよう、〇〇にその業務を行わなければならないとされている。〇〇とは。
  2. 社会福祉士(又は介護福祉士)は、その〇〇を傷つけるような行為をしてはならないとされている。〇〇とは。
  3. 社会福祉士(又は介護福祉士)は、〇〇なしに業務上知り得た人の秘密を漏らしてはならず、これは社会福祉士でなくなった後も同様であるとされている。〇〇とは。
  4. 社会福祉士は、クライエントに福祉サービス等が総合的かつ適切に提供されるよう、福祉サービス関係者等との何を保たねばならない、とされているか。
  5. 社会福祉士(又は介護福祉士)は、社会福祉・介護を取り巻く環境変化による業務内容の変化に適応するため、相談援助・介護等に関する〇〇及び〇〇の向上に努めなければならないとされている。〇〇には、それぞれ何が入るか。
  6. 社会福祉士でない者は、社会福祉士という〇〇を使用してはならないとされている。〇〇とは。

 

 

 

<解答>

 

  1. 誠実
  2. 信用
  3. 正当な理由
  4. 連携
  5. 知識 技能
  6. 名称

 

 

 

<メモ>

1から順に、

  • 第四十四条の二 誠実義務
  • 第四十五条   信用失墜行為の禁止
  • 第四十六条   秘密保持義務
  • 第四十七条   連携
  • 第四十七条の二 資質向上の責務
  • 第四十八条   名称の使用制限

 

社会福祉士は、医師や弁護士のような業務独占資格ではなく、名称独占資格の国家資格である。