社会福祉士試験のメモ帳

社会福祉士の試験を受けるまで、復習用のミニテストを作り続けるブログ

社会福祉士試験 ミニテスト118

〇解決志向アプローチの質問法に関して、次の問題に答えよ。

 

<問題>

  1. 現在抱える問題をいったん置いておき、問題が解決したらどうしたいかなどを答えてもらう質問を、何クエスチョンというか。
  2. クライエントの経験や今後の見通し、変化などを「1から10のうち、今はどの程度?」という具合に数値等に置き換え、程度をより具体的に確認する質問を、何クエスチョンというか。
  3. 現在までどのように対応してきたかなどを質問し、クライエントが行ってきた対処法や持っているリソースを聞き出すための質問を、何クエスチョンというか。
  4. 同じような状況でも、例外的に成功したり最悪の状況にならなかったりしたときのことを聞くことで、気づいていなかったリソースに気づかせたりする質問を、何クエスチョンというか。
  5. 過酷な状況が長く続く人などに、これまでどのようにして乗り越えてきたのか(生き抜いてきたのか)を聞く質問を、何クエスチョンというか。

 

 

 

<解答>

  1. ミラクル・クエスチョン
  2. スケーリング・クエスチョン
  3. コーピング・クエスチョン
  4. エクセプション・クエスチョン
  5. サバイバル・クエスチョン

 

 

 

<メモ>

第25回過去問を参考に作成。

 

解決志向アプローチは、問題そのものではなく、問題解決に役立つ資源(リソース)に注目し、解決を図るアプローチをいう。

 

サバイバル・クエスチョンは、コーピング・クエスチョンに含まれる。