社会福祉士試験のメモ帳

社会福祉士の試験を受けるまで、復習用のミニテストを作り続けるブログ

社会福祉士試験 ミニテスト124

〇援助の評価に関して、次の問いに答えよ。

 

 

<問題>

 

  1. 評価は、行う時期により事前評価(アセスメント)、中間評価(モニタリング)、事後評価(〇〇)に分けられる。〇〇とは。
  2. 評価は、その対象により効果測定(アウトカム評価)と〇〇評価に分けられる。〇〇とは。
  3. 効果測定の代表的な測定方法のうち、調査対象を、援助を受ける人(実験群)と受けない人(比較統制群)に分類し、結果を比較する量的方法を何というか。
  4. 効果測定の代表的な測定方法のうち、一人の対象者について、援助前(ベースライン期)と援助開始後(インターベンション期)それぞれの状況を比較する質的方法を、何というか。
  5. プロセス評価の方法として、量的方法と質的方法では、どちらの評価方法が有効であるとされるか。

 

 

 

<解答>

 

  1. エバリュエーション
  2. プロセス
  3. 集団比較実験計画法
  4. 単一事例実験計画法
  5. 質的方法

 

 

 

<メモ>

 

その他の代表的な量的方法:グランプリ調査法、メタ・アナリシス法など

 

その他の代表的な質的方法:事例研究法など