社会福祉士試験のメモ帳

社会福祉士の試験を受けるまで、復習用のミニテストを作り続けるブログ

社会福祉士試験 ミニテスト127

〇実践の介入レベルに関して、(  )内の選択肢のうち正しいものを選択せよ。

 

 

<問題>

 

  1. 組織や社会全般を対象として、ソーシャルアクション、政策・制度や法律の改正も含めた介入をしていくことを、(ミクロ / メゾ / マクロ)レベル実践という。
  2. 個人、およびその個人と身近な関係、つまり夫婦関係や親子関係、友人関係などにある第三者の範囲内で生じる問題について介入していくことを、(ミクロ / メゾ / マクロ)レベル実践という。
  3. 個人と組織や機関、地域との間で生じる問題について、当該組織等に対して介入していくことを、(ミクロ / メゾ / マクロ)レベル実践という。

 

 

 

<解答>

 

  1. マクロ
  2. ミクロ
  3. メゾ

 

 

 

<メモ>

 

第27回過去問を参考に作成。

 

第27回試験では、上記の3種類の他に、「サブレベル」と「エクソレベル」も選択肢として出題されたが、選択肢用で暗記の必要はなさそう。試験のテキストにも、上記の3つのみ記載あり。

 

第27回の出題は事例問題で、大学の修学支援を担当する相談員が、身体障害のある学生からの希望により、大学の多目的トイレへの手すり増設について大学側と交渉するという介入が、どのレベルの実践であるかについて選択するもの。

正解:メゾレベル