社会福祉士試験のメモ帳

社会福祉士の試験を受けるまで、復習用のミニテストを作り続けるブログ

社会福祉士試験 ミニテスト129

〇ケースマネジメントにおけるニーズと資源の接合(リンケージ)に関して、次の問いに答えよ。

 

<問題>

  1. 既存のサービスの範囲内だけで接合を考えるサービス優先アプローチでなく、何アプローチで行うのが適切であるか。
  2. 接合する社会資源の範囲には、フォーマルサービスだけでなく、身内や地域の人々などによる〇〇サポートも含まれる。〇〇とは。
  3. 支援目標の設定は、ニーズと資源を接合する前と接合した後、どちらのタイミングで行う必要があるか。
  4. 自らの意思表示が困難なクライエントである場合、専門職主導のアプローチを行うことは、適切であるか。
  5. ニーズと資源を接合していく過程に、クライエントの参加を促すことは、適切であるか。

 

 

 

<解答>

  1. ニーズ優先アプローチ
  2. インフォーマル
  3. 接合する前
  4. 適切ではない
  5. 適切である

 

 

 

<メモ>

第26回過去問を参考に作成。

 

既存サービスに当てはめるのではなく、利用者のニーズに合わせて資源を調整・開発する。