社会福祉士試験のメモ帳

社会福祉士の試験を受けるまで、復習用のミニテストを作り続けるブログ

社会福祉士試験 ミニテスト140

〇認知症施策推進総合戦略~認知症高齢者等にやさしい地域づくりに向けて~(新オレンジプラン)に関して、次の〇〇を答えよ。

 

 

<問題>

 

  1. 認知症への理解を深める活動として、社会へ向けたキャンペーンや認知症サポーターの養成、〇〇における高齢者への理解推進などが挙げられている。
  2. 適時・適切な医療・介護等の提供のための具体的施策の一つに、〇〇による健康管理や地域ネットワークなどによる早期診断・早期対応のための体制整備が挙げられている。
  3. 〇〇認知症では、生活費や子どもの教育費等の経済的問題や、主な介護者が配偶者になる場合が多いため、居場所づくりや就労支援など、さまざまな分野の支援を総合的に行う必要がある。
  4. 認知症の人を含む高齢者にやさしい地域づくりとして、生活の支援(ソフト面)、生活しやすい環境(ハード面)の整備、就労・社会参加支援や、見守り体制等による〇〇などが挙げられている。
  5. 7つの柱の一つに、支える側ではなく、認知症の人やその家族の〇〇を重視することが挙げられている。

 

 

 

<解答>

 

  1. 学校教育
  2. かかりつけ医
  3. 若年性
  4. 安全確保
  5. 視点

 

 

 

<メモ>

 

新オレンジプランの7つの柱

  • 認知症への理解を深めるための普及・啓発の推進
  • 認知症の容態に応じた適時・適切な医療・介護等の提供
  • 若年性認知症施策の強化
  • 認知症の人の介護者への支援
  • 認知症の人を含む高齢者にやさしい地域づくりの推進
  • 認知症の予防法、診断法、治療法、リハビリテーションモデル、介護モデル等の研究開発及びその成果の普及の推進
  • 認知症の人やその家族の視点の重視