社会福祉士試験のメモ帳

社会福祉士試験の勉強のメモ書き

社会福祉士試験 ミニテスト147

〇介護保険制度に関して、次の問いに答えよ。

 

 

<問題>

 問題①

介護保険制度では、40歳以上65歳未満の者は、第何号被保険者に該当するか。

 

 

問題②

第2号被保険者が介護サービスを利用可能な16種類の病気のうち、〇〇については、医学的知見に基づき回復の見込みがない状態に至ったと医師が判断した場合に限られる。〇〇とは。

 

 

問題③

所得に関わらず利用者負担が1割となるのは、第何号被保険者か。

 

 

問題④

徴収される介護保険料は、第2号被保険者は医療保険と合算で支払い、第1号被保険者は〇〇から天引きされ、または納付書で納付する。〇〇とは。

 

 

問題⑤

介護保険料の額は、何年ごとに見直しが行われるか。

 

 

 

<解答>

解答①

第2号被保険者

 

 

解答②

がん

 

 

解答③

第2号被保険者

 

 

解答④

年金

 

 

解答⑤

3年ごと

 

 

 

<メモ> 

介護保険制度では、被保険者は次の2種類である。

  • 65歳以上=第1号被保険者
  • 60歳以上65歳未満=第2号被保険者

 

第1号被保険者は、要介護・要支援状態になった場合、介護サービスを利用できる。

 

第2号被保険者は、老化が原因とされる病気(16種類限定)により要介護・要支援状態になった場合、介護サービスを利用できる。

 

65歳までは、医療保険と介護保険は合算でまとめて徴収される。

 

65歳になると、医療保険と介護保険は切り離され、別々に徴収されるようになる。

 

第1号被保険者の年齢に上限はなく、65歳以降、ずっと介護保険料を支払い続ける。