社会福祉士試験のメモ帳

社会福祉士試験の勉強のメモ書き

社会福祉士試験 ミニテスト160

〇児童福祉法に関して、次の〇〇を答えよ。

 

 

<問題>

 

問題①

〇〇とは、肢体不自由のある児童につき、〇〇センター、国立病院機構や指定発達支援医療機関に通わせ、児童発達支援および治療を行うことをいう。(〇〇はどちらも同じ用語)

 

 

問題②

〇〇とは、学校に就学している障害者につき、授業終了後または休業日に児童発達支援センターその他一定の施設に通わせ、児童発達支援および治療を行うことをいう。

 

 

問題③

〇〇とは、保育所その他一定の施設に通う障害児につき、その施設を訪問して、その施設における障害児以外の児童との集団生活への適応のための専門的な支援その他の便宜を供与することをいう。

 

 

問題④

〇〇とは、障害児支援利用援助および継続障害児支援利用援助を行うことをいう。

 

 

問題⑤

〇〇とは、重度の障害その他これに準ずる状態にあり、児童発達支援などを受けるために外出することが著しく困難な児童につき、その児童の居宅を訪問し、日常生活における基本的な動作の指導、知識技能の付与、生活能力効能のために必要な訓練その他の便宜を供与することをいう。

 

 

問題⑥

〇〇とは、児童発達支援、医療型児童発達支援、放課後等デイサービス、居宅訪問型児童発達支援および保育所等訪問支援をいう。

 

 

<解答>

 

解答①

医療型児童発達支援

 

 

解答②

放課後等デイサービス

 

 

解答③

保育所等訪問支援

 

 

解答④

障害児相談支援

 

 

解答⑤

居宅訪問型児童発達支援

 

 

解答⑥

障害児通所支援

 

 

 

<メモ>

 

児童福祉法の定義の内容。

 

この法律において、障害児とは

  • 身体に障害のある児童
  • 知的障害のある児童
  • 精神に障害のある児童(発達障害者支援法に規定する発達障害児を含む)
  • 治療方法が確定していない疾病その他の特殊な疾病で、障害の程度が障害者総合支援法に定める一定の程度である児童

をいう。