社会福祉士試験のメモ帳

社会福祉士試験の勉強のメモ書き

社会福祉士試験 ミニテスト163

〇母子保健法に関して、次の問いに答えよ。

 

 

<問題>

 

問題①

国および地方公共団体は、〇〇並びに乳児・幼児の健康の保持および増進に努めなければならないことが規定されている。〇〇とは。

 

 

問題②

第16条で、市町村は、妊娠の届出をした者に対して、何を交付しなければならないことが規定されているか。

 

 

問題③

第12条で、市町村は、満1歳半~2歳未満の幼児、満3歳~4歳未満の幼児に対し、何を行わなければならないことが規定されているか。

 

 

問題④

体重が何グラム未満の乳児が出生した場合、保護者はその乳児の現在地の市町村に届け出なければならないと規定されているか。

 

 

問題⑤

第22条で、市町村は必要に応じ、何を設置するよう努めなければならないことが規定されているか。

 

 

 

<解答>

 

解答①

母性

 

 

解答②

母子健康手帳

 

 

解答③

健康診査

 

 

解答④

二千五百グラム未満

 

 

解答⑤

母子健康包括支援センター

 

 

 

<メモ>

 

児童福祉法は、昭和22年公布・昭和23年施行。

母子保健法は、昭和40年公布・昭和41年施行。

 

母子保健法は、上記の他、妊産婦や配偶者・保護者への保健指導の実施や、必要に応じて妊産婦や新生児(未熟児)への訪問指導の実施、未熟児への養育医療などについて規定している。

 

第28回の試験では、さまざまな規定について、母子保健法の規定であるか、その他の法律の規定であるかという出題があった。

  • 予防接種の実施については → 予防接種法
  • 乳児家庭全戸訪問事業については → 児童福祉法
  • 母子生活保健施設については → 児童福祉法 

に、それぞれ規定されている。

 

母子保健法では「母子健康包括支援センター」となっているが、「子育て世代包括支援センター」の名称で設置運営されている。